2022年5月17日

 ソロプチミスト日本財団 社会ボランティア賞 クラブ賞贈呈式
西本 裕氏は「阪神淡路大震災」後、生活困窮者やホームレスへいろいろな支援活動をされてきましたが
特に炊き出し支援の材料となる野菜作りに力を入れられ、収穫された野菜を提供されております。
また 周辺の農家の方々からの農産物支援を繋ぐ役割も果たされてきました。
そして炊き出し支援を継続する人材育成にも力を入れられ、
奉職されていた小林聖心女子学院の元同僚、卒業生、その子供たち
友人へとボランティア活動の輪は大きく大きく膨らんでいます。
心と手と時をかけて関わる事の大切さを周りの人々に発信しながら、支援活動を続けておられる西本 裕氏を
社会ボランティア賞に推薦応募しました。





2022年4月19日

  3年振りの親睦例会は楽しく、座席もゆったり大型観光バスで♪♪
樹齢170年のキリシマツツジが満開の長岡天満宮へ参拝。真っ赤に染まった参道は圧巻!
新緑の紅葉の下で散策を楽しみ・・・
会場は色とりどりの牡丹と桜の日本庭園『筍亭』
例会の後は筍料理。どれもこれも美味しくてお腹いっぱい!ごちそうさまでした。
食後の運動?は、新緑の嵐山自由散策。和やかに楽しい一日でした。









2022年4月4日

  たからづか子ども食堂へ贈呈
里深会長と社会奉仕髙松副委員長で、たからづか子ども食堂を訪問
継続寄付を贈呈しました。子ども食堂では4月より役員も一新されて
理事長はじめボランティアスタッフ、みなさんの生き生きされた姿が
印象的でした。











2022年3月15日

  男女共同参画センターへ継続寄付贈呈
里深会長と、社会奉仕髙松副委員長で男女共同参画センターを訪問
継続寄付を贈呈しました。
昨年度は本の他に映画のDVDテープも購入されたそうです。





2022年2月15日

 デイジーのご飯代贈呈
里深会長と保健奉仕田副委員長で木村佳友氏とデイジーを訪問
毎例会での募金『デイジーのご飯代』1年分を贈呈しました。
デイジーは10才でとっても元気ですが兵庫介助犬協会の決まりで
今年中に次の介助犬とバトンタッチです。



2022年2月15日

 2月Zoom例会開催
コロナのため今月はZoom例会で行われ、会員数23名出席19名。
そして井植ガバナー、廣田セクレタリーの公式訪問がありました。
ガバナーより『スムーズで和やかな例会でした』とお言葉を頂きました。



2022年1月18日

新年例会・親睦会
2年ぶりに新年親睦会を開催しました。マスク着用とは言え、顔を合わせると自然と目は緩み笑顔に・・お正月らしい髙松会員の短歌の披露、楽しいダンスで笑いの渦!
ビンゴゲーム・プチトマトの福詰めゲームと・・締めは正司会員による歌い初め
「会えてよかったね」今にぴったりの歌に会員一同笑顔が溢れました。
コロナも吹き飛ばしこの一年頑張って活動していきましょうと、
気持ちを新にした一日でした。







2021年12月21日

12月例会は綺麗なお花に囲まれ、ランチもクリスマスメニュー。
そして16年間続いたハンドベル同好会は、本日が最後の演奏でした。





2021年11月16日

   たからっ子食堂に継続寄付贈呈
 たからっ子食堂は2018年7月に設立されました。
 子供達に食事・学習支援など居場所を提供し、会員(ボランティア)が
 向き合い関わる中で、子供の保護者とのネットワークを構築し、
 青少年の健全育成・愛情あふれる社会づくりに
 寄与することを目的としています。
 コロナ禍の少し落ち着いた11月例会へ花井代表にお越しいただき
 対面での贈呈が叶いました。



2021年10月19日

兵庫盲導犬協会に支援金(例会日に募金箱を廻します)を贈呈。
21年のおつきあいとなりました。
今日はリリーちゃんがいろいろなデモンストレーションを披露してくれました。